ぺるふぇくりすい蝶

体重が増える食事と増えない食事

   

体重が増える食事をしている人は早めの見直しをすることが必要です。たたカロリーが多いかだけでなく、偏ったバランスの食事を続けているせいで、体重が増えているという人も多いと言われています。カロリー摂取量も体重とは深く関わっていますが、体重を調節するためには、自分が食べている食事の内容も気を配る必要があります。たんぱく質、炭水化物、脂質の三大栄養素は、食事で取り入れたい重要な成分です。活動に必要なエネルギーや、生命を保つために消費するエネルギーは、脂質や、炭水化物から得ています。ただし、消費が追いつかないほどたくさん摂取すると、脂質や炭水化物はカロリーから脂肪になり、体内に貯蔵されます。摂取するカロリーがその日の体の動かすための消費カロリーと同じならば体重の増減がありません。たくさん食べ過ぎると体重が増えるのは、その日じゅうに使い切れなかった摂取カロリーが、体脂肪として貯められてしまうためです。たんぱく質は、筋肉など、身体をつくるための材料となる成分です。筋肉が多いと基礎代謝が上がりますので、たんぱく質の摂取は大事です。体脂肪を燃焼させやすくするには、筋肉を体につけて、基礎代謝の高い体質になることが先決です。しかし、筋肉は脂肪より重いので、筋肉が多くなったせいで体重が増える場合もあります。筋トレをして、体に筋肉はついたけれども、体脂肪はそれほど燃やせていないという段階では、運動する前より体重が多くなるでしょう。炭水化物や、脂質をたくさん摂取すると、体脂肪の増加の原因になります。たんぱく質を摂取することは、筋肉を増やし、基礎代謝の高い体になるためには必要な栄養成分といえます。http://xn--u9jxgod7a4261g.biz/

 - 未分類