ぺるふぇくりすい蝶

しわやたるみは加齢だけが原因ではない

   

皮膚にしわが刻まれたり、たるみが目立つようになるのは年齢が主な要因になっていると考えているような人もいます。年齢を重ねてから困った自体に陥らないように、肌のお手入れをきちんと行うことが重要になるものです。しわやたるみはストレスや間違ったスキンケアも原因となり、紫外線を浴びたことによる肌へのダメージや肌の乾燥は、年齢には無関係です。加齢は止められませんが、日々のお手入れと心がけでしわやたるみのない美しい肌を目指すことは誰にでも可能なことです。肌タイプや、生活環境の違いによってもしわやたるみの現れ方は違いますので、それぞれに応じた対処法が必要です。お肌の水分不足が原因で、皮膚のハリがなくなって自重でしわができるようになったり、表情の癖が眉間や目元のしわになったり、皮膚の薄い部分にちりめんじわができたりします。表情筋の動きでできるしわは、スキンケアを特に念入りにしましょう。小じわは、乾燥予防をすることで、弾力を取り戻します。お肌の若々しさを維持する効果があるというコラーゲンや、ヒアルロン酸は、加齢によって減る以外にも、ストレスや紫外線でも少なくなります。たるみの原因もしわと同じですが、表情筋によるたるみは表情筋トレーニングで回復が可能です。ところが角質層の衰えは再生が難しく、20代のうちは潤沢にあった保水力、弾力性は失われてしまいその結果重力に引っ張られて下垂してしまいます。若いうちはしっとりとハリのあった皮膚がたるんでしまうのは、紫外線や、ストレスの作用で角質層が垂れてしまうためです。お肌のしわや、たるみをできるだけつくらないためには、紫外線から肌を守ることや、規則正しい生活を送ることが重要です。利用方法などはこちらのページ

 - 未分類